小樽市議会議員

すがいのぶゆき事務所
0134-52-1757
メールでのお問い合わせ

R3第2回定例会 一般質問Summary

       須貝 修行     議会活動   

一般質問のSummaryです。
詳しくは【動画】令和2年第4回定例会代表質問 をご覧ください。

第1項目 新型コロナウイルス感染症ついて
(1) 情報発信について
保健所の人出不足からか、情報発信が色々な部署からになりわかりにくい(組織縦割り)
情報発信方法において、工夫と改善を求める
(2) ワクチン接種について
接種完了見込み、64歳以下の見通し
急なキャンセル時の対応について
VRS入力について 副反応発生時の対応 等
この項目については、再質問・予算特別委員会でも深堀しました
(3) 病床・医療施設逼迫から生じる事象に関して
札幌市の医療施設や宿泊療養施設逼迫により、3次医療圏を共にする本市にとっても様々な弊害が出ております
宿泊療養や自宅・施設療養者など『救える命』を必ず救わなければなりません
(4)行政に望む事
ワクチン証明書 PCR検査 国の支援金早期支給 等

 

第2項目 人口減少対策 教育の質の担保・子供を守る 観点から
(1) 携帯電話とネット依存症について
携帯電話持込のメリット・デメリットと、小学校・中学校の方針
『ゲーム依存症』の問題
(2)読書について
不読率の実態
学校図書館における図書整備の実態
学校司書による取組
読書は全ての学習の基盤となるものであり、大変重要であるが本市小中高生において現状は芳しくない、なんとしても改善を図りたい

まだたくさんの課題はありますが、『小樽の子供は、小樽が守る』その気概を持って取り組んでいただきたいと考えます。

 

第3項目 『ゼロカーボン シティ』表明のこれから
本市の『脱炭素』という社会の変化に応じる決意を歓迎し評価したいと思います。
その上で、CO2排出量の削減、再生可能エネルギーへの切り替え、食品ロスなどの廃棄物の削減、輸送の合理化、森林の整備などすぐに取り組まなければならない課題だけでも、多くあります。先行している市も多くあります、将来世代のチャンスとして是非とも戦略策定をお願いする