小樽市議会議員

すがいのぶゆき事務所
0134-52-1757
メールでのお問い合わせ

月別アーカイブ:2019年11月

会派視察② 福岡市 観光税 19.11.22 後記

       須貝 修行     ブログ   

自民党会派視察2日目は、福岡市での観光税宿泊税の勉強会です。
ご承知の通り、福岡市は宿泊税導入を決定したばかりで、更には福岡県も導入し北海道-小樽市との関係と酷似しております。
制度の考え方、議会での議論、導入までの経緯と大変詳しく教えていただきました。

出発前には、小樽市議会事務局主催の勉強会もあり、ここは実現に向けて汗をかかねばなりません。
少し方法において私の考えと違いはありますが、選挙前からの持論でもありますし12月の定例議会でも取り上げたいと考えます。

最後に、今回の常任委員会及び会派視察で訪問しました、半田市 座間市 下関市 福岡市 議場を見せていただきました。
いずれも新しく市民目線で、議場の工夫がなされており、その点も大いに参考になりました。
しかしながら、小樽市の議場も格式と重厚感があり改めて良さを再認識しました。
ただ一つだけ上記4市ともに、議場に国旗日の丸が掲揚されておりました。
至極当然と思いますが、小樽市にはありません。近い将来この件の問題提起したいと考えます。

福岡市議場

会派視察① 下関市 みなとオアシス 19.11.21

       須貝 修行     ブログ   

11月21日 自民党会派視察として、山口県下関市へ行って参りました。
今回の目的は、みなとオアシスの概要とウォーターフロント開発の勉強であります。
みなとオアシスとは、港を核とした街作りを促進するために、平成15年に国交省が設立した制度で、既に全国で133カ所も登録されております。(19.10.20現在)
北海道でも釧路や函館等11港が登録されており、地域観光や振興に大いに活用されている制度であります。
小樽も登録要件は全て満たしていると考えられますので、今後議会の場で議論して参りたいと考えます。

それにしても、下関市はみなとに関連するコンテンツが充実、更にはウォーターフロント開発の将来設計がしっかりとなされており、大変参考になりました。

巌流島

勉強中

厚生常任委員会視察② 神奈川県座間市 ざまりんすくすくギフト 19.11.08

       須貝 修行     ブログ   

厚生常任委員会視察、二日目は神奈川県座間市で子育て支援策であります、” ざまりんすくすくギフト ” と ” ネウボラざまりん ” に関して勉強して参りました。

<ざまりんすくすくギフト>
” ざまりんすくすくギフト ” とは、市民で0歳児の保護者に、紙おむつや育児用品をカタログから選び自宅に宅配するサービスです。
出生手続き時にワンセットで戸籍課からインフォメーションされ、普及率は98%(30年度)と子育て世代から支持を受けている住民サービスであります。

<ネウボラざまりん>
” ネウボラ ” とは、フィンランド語で ” 相談の場 ” を意味し、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を実施することを目的とした、ワンストップ完結の支援体制です。
市庁舎内の相談窓口から、市内3カ所ある子育て支援センターへの誘導と実に考えられております。

市役所相談カウンター
子供から目を離さない工夫

私もママカフェへお邪魔したときに、一番要望があったのが、相談窓口や母親同士のコミュニティーの場をもっとほしいとの声でした。

私の政策にも掲げさせていただいております、人口減少対策として ” 子育て世代の満足度を高める ” 、まさにそれを実践している事例でありました。